坂東玉三郎さん in ブルーノート東京

2021年07月14日 23:00

Bluenoteへの入口


当初5月の予定だったLIVEが
コロナの影響で今月に延期になっていました。

玉三郎さんは歌もお上手です。
魂のこもった歌をうたわれ
胸に響きます。
超一流の役者さんの歌だと思います。

ミュージカルの部
井上陽水さんの歌の部
シャンソンの部

の三部構成で熱唱されました。

歌舞伎ではいつも美しい女形を演じられるので
裏声ですが
力強い歌声はたくましさも感じられ
別人のような気さえしてしまいます。



ブルーノートはライブハウスですので
ステージがとても近く
坂東玉三郎さんがすぐそこに❣️

なんとーお肌がきれいなのです
透明感があって瑞々しい✨

なので とてもお若くみえるのですね。
うわぁ これは水素もひと役買っているのかしら、などと勝手に想像しつつ
玉三郎さんの世界に引き込まれていきました。


そして最後のアンコール
「こちらブルーノートさんでは、歌舞伎の定式幕のようなものがありませんし、完全に暗転にもなりませんので、アンコールはちょっと横の方に移動して、再登場ー
はいこれでアンコール。笑」

と自作自演されるお茶目なトークもあり😍


そのアンコールで歌われた
「水に流して」は特に印象的でした。


元のタイトルは
「私はなにも後悔しない」
というそうです。


Non, je ne regrette rien   
水に流して  《宇藤カザンさん訳》

Non, rien de rien
Non, je ne regrette rien
Ni le bien qu'on m'a fait
Ni le mal, tout ça m'est bien égal
Non, rien de rien
Non, je ne regrette rien
C'est payé, balayé, oublié
Je me fous du passé

いいえ、ぜんぜん
いいえ、何も後悔していないの
過去のいいことも悪いことも
何もかもがどうでもいいの
いいえ、ぜんぜん
後悔しないわ
過去の償いはしたわ、清算したわ、忘れたわ
もう過去のことははどうでもいいの

Avec mes souvenirs, j'ai allumé le feu
Mes chagrins, mes plaisirs, je n'ai plus besoin d'eux
Balayées les amours, avec leurs trémolos
Balayées pour toujours, je repars à zéro

想い出も、悲しみも、喜びも
みんな火を付けて燃やしてしまった
そんなものはもう私に必要ではないの
過去の愛も、その余韻といっしょに清算したわ
私はすっかり片をつけたから、ゼロからやり直すの

Non, rien de rien
Non, je ne regrette rien
Ni le bien qu'on m'a fait
Ni le mal, tout ça m'est bien égal
Non, rien de rien
Non, je ne regrette rien
Car ma vie car mes joies
Aujourd'hui, ça commence avec toi

いいえ、ぜんぜん
いいえ、何も後悔していないの
私にしてくれた、
良いことも、悪いことも、
私にはどうでもよかった
いいえ、私はなにも後悔していないの
私の人生も、私の喜びも
今日からあなたと始めるの

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)